愛犬が皮膚病になってしまった時に飼い主が取るべき行動

飼い主の負担が少ない犬

人気のチワワは食べる量が少ないので餌代が安く済んだり、運動量が少ないので散歩が飼育が比較的楽です。つまり、飼い主の負担が少ないので、お年寄りにも人気が高いのです。

知っておくべき皮膚の病気

動物病院

原因と治療法

犬の皮膚病は動物病院に来院する要因のうち、もっとも多いもので、それだけ身近な病気ですが、原因についてはさまざまなものがあり、それによって症状もいろいろ出てきます。まず考えられるのが、皮膚のバリア機能が正常でないことです。本来、免疫力や皮脂膜によって保護されているはずの皮膚細胞が守られず、細胞の隙間ができ、そこに細菌が侵入することで皮膚病になるというものです。また、食物アレルギーも体の痒みが止まらない原因のひとつで、とくにタンパク質が犬と合わないケースがあります。治療法としては、良質なタンパク質を使用しているドッグフードを与えることです。また、食用ではない部分を使ったタンパク質が混じっているものも避けるべきです。犬の皮膚病の要因として注意すべきものとして、ノミやダニといった微生物によるものがあります。とくにノミは、吸血の際の唾液が犬のアレルギー反応を引き起こす場合があるため、ノミやダニの予防薬を与えることで皮膚病が改善することがあります。体の外側から皮膚病を改善する方法として、シャンプーで痒みの原因を洗い流すのもひとつの手です。とくにハウスダストが原因のものは、毎日の掃除でも除去が難しいため、シャンプーすることが治療法にもなります。ただしその場合、できるだけ優しく、こすったり、かさぶたになった部分をはがしたりしないようにしてください。それでも改善しない場合は、動物病院で相談することをお勧めします。

納得できる見送りのために

御骨

大切な家族の一員であるペットとのお別れは悲しいものですが、いざという時に備えて準備だけはしておくといいですね。ペット火葬は、業者にお願いすることになりますが、犬や猫はもちろん、他のペットも行なうことができるため、まずは業者へ相談してみましょう。

かわいらしいが実は狩猟犬

飼い主とペット

ヨークシャテリアは細くて長い毛並みが特徴ですが、絡まりやすいのでブラッシングは毎日行いましょう。性格はテリア気質といわれ、賢くて勇敢ですが、頑固な一面も持つので幼い頃からしつけはしっかりと行います。人との主従関係をしっかりわからせることで、良きパートナーになるでしょう。